薔薇は薔薇である/Rose is a rose is a rose.

香水に使われている香りの要素として、もっとも思いつくのは「薔薇」ではないでしょうか。 薔薇、ローズと名のつく香水は数多くありますし、名前に薔薇とついていなくても、薔薇を主にした香りも同じくらい数多くあります。

花の王様と呼ばれる薔薇には、多くの種類があります。香りも、フレッシュでさわやかなものから、フルーティーで甘いもの、粉っぽく木の香りがするものまで様々です。

↑ 南仏 グラースにあるクリスチャン・ディオールの薔薇。 かつてムッシュディオールはグラースの近くに別荘を構えていました。

薔薇の香りはストレスをやわらげ、幸福感と自信をもたらすと言われています。人びとに長らく愛されてきたのも、美しく香り高いだけでなく、こうした効果があったからでしょう。

時折、薔薇のブーケを携えて歩く殿方を見かけます。大切な人のお誕生日や記念日、プロポーズの日などに薔薇や花々のブーケを贈る男性は多くなりました。

ときには、生花のブーケに替えて、幾千本もの薔薇が詰まった香りのブーケを贈ってみてはいかがでしょうか。 小さな箱を取り出して渡すしぐさもスマートに映るでしょう。

ふたを開けるたびに贈られた日の思い出がよみがえる、いつまでも枯れないブーケ。ロマンティックな名前の香りを選んで。

サロンでは大切な方への贈り物のご相談や、記念日を彩るアンビエンス フレグランスのアドバイスも承っております。

情報源: ディオール化粧品/コスメ 公式オンラインブティック| Dior

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中