フルール ドゥ ブルガリ  クリード

今日の香り

フルール ドゥ ブルガリ  クリード

Scent of the day: Fleurs de Bulgarie  CREED

今年もあと半月。

上品でエレガントな香りでゆったりと。

クリードは1760年、当時は英国で創業され(現在の本拠地はフランス)王室御用達の香水店でした。 この香りは1845年にヴィクトリア女王のために創られたものが最初です。

フルール ドゥ ブルガリとは、ブルガリアの花、すなわちブルガリアンローズのことです。上質なブルガリアンローズを厳選してふんだんに使い、透明感があり優雅で気品にあふれ、まさに女王のための香りと言えます。

着物でお出かけの時にも、よく似合います。上質な香料を使用しているので、ドライダウン後はしつこく残らずいつしかすっと消えています。フォーマルな時にもおすすめです。

すべてに一流の上質さを求める方に。

情報源: Café des Parfums|カフェ デ パルファム|クリード

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中