Vol de Nuit(夜間飛行)Guerlain

今日の香り

夜間飛行  ゲラン

Scent of the day:  Vol de Nuit,Guerlain

時に素晴らしい香りでも、湿気が多く気温も高めな日本でつけるのはなかなか難しいと感じることがあります。ですが今日はあえてこの香りを。機会があれば「名香」と呼ばれるこの香りを試してみてはいかがでしょうか。パルファムは持続時間が長い(その分香りが濃い)ので、くれぐれもつけすぎには注意しましょう。ほんの1,2滴を内ももか膝うらに。それで充分です。

ゲランのこの香りは現代でも手に入れることができる数少ないもののひとつです。1933年(80年以上前!)に発表されて以来のロングセラーと言えましょう。

「星の王子様」の作者であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリはパイロットでもありました。そして「夜間飛行」という小説も発表しています。この香りは当時の主任調香師であったジャック・ゲランが彼にささげてつくったものです。ボトルは飛行機のプロペラを模しています。Vol de Nuit-Guerlain

フローラルウッディ、しっかりとスパイシーなオリエンタルです。つけてしばらくしてミドルノートが出てくると、空気が澄んだ神秘的な星空が思い浮かびます。今日つけても少しも古臭さを感じさせません。

サン=テグジュペリは、長らく飛行機で飛び立ったまま行方不明とされてきました。1998年にフランス マルセイユ沖で彼のものだと示す証拠がある飛行機の残骸が発見されました。

余談ですが、サン=テグジュペリはフランス リヨン生まれ。2000年には彼にちなんでリヨン・サトラス国際空港をリヨン・サン=テグジュペリ国際空港と名前を変えています。

←写真のボトルは亡き母のもので、おそらく1960年代~70年代の夜間飛行だと思われます。ボトルにもラベルがついていたのですが、はがれてしまいました。

情報源: Vol de Nuit, 夜間飛行, ウィメンズ フレグランス, フレグランス – Guerlain

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中