Aqua Universalis

今日の香り

アクアユニヴェルサリス フランシス クルジャン

Aqua Universalis, Maison Francis Kurkdjian

「万能な水」という名の通り、ベルガモットやレモン、スズランやオレンジ、ほのかなムスクがバランスよく香ります。シェアフレグランスと呼ばれ、大切なひとと分かち合う、ユニセックスに使える香りです。

真っ白でぱりっと張りのある、彼のシャツを借りた肌寒い朝。 季節の変わり目、少し空が低く感じる今日はこの香りで。

ボトルのキャップはパリのトタン屋根を模していると言われています。

昨年撮ったパリの写真。確かに似ていますね。

Paris

クルジャン氏の名前に聞き覚えはなくても、ジャン・ポール・ゴルチエの「ル・マル」(男性のトルソー形のボトル)の調香師といえば思い出していただけるでしょうか。

1969年フランス パリ生まれの46歳。弱冠26歳にして優れた調香師に贈られる「フランソワ・コティ賞」を受賞しています。その後も「ナルシソ・ロドリゲス・フォー・ハー(Narcisso Rodriguez for her)」(2003)、バーバリーの「My Burberry」(2014)など次々にヒット作を発表しています。

2009年には自身のブランド「メゾン・フランシス・クルジャン」を設立。前述の「アクアユニヴェルサリス」や、マリー・アントワネットの肖像画からインスパイアされ、日本のためにつくった「ア・ラ・ローズ」など次々に新しい香り創造しています。

時代の流れを読みとり、それを香りに再現する彼は間違いなく現代の名工のひとりです。

情報源: Aqua Universalis

広告