My first Perfume

香水が人生の大切な友人になったきっかけにして、初めての香り。

ギィ・ラロッシュのフィジー(Fidji, Guy Laroche).

残念ながら現在日本では手に入りにくいものとなってしまいました。

南国の楽園フィジーをイメージした香りながら、南国=トロピカルにありがちな

マンゴー、パパイヤ、ココナッツなどの青い若々しさはありません。

都会の楽園といったところでしょうか。

この香りが発表されたのは1966年。およそ半世紀も前のことです。

そして日本で大流行したのは70年代後半から80年代半ばごろ。

ああ、懐かしいわと思い出す方も多いのではないでしょうか。

当時は若い女性向けの軽やかな香りとされていましたが、今 あらためて

つけてみますと、大人の女性や和装にも似合うクラシックで優しい印象で

青々とした甘やかさはありません。

都会の雑踏に紛れる日々…はるか遠く、いまだ見ぬ南国の楽園を夢見て。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中